男子二人の父母になる惑い

2周りの性別が判明しました。2周りも上の子供と同じで男児でした。こちらは1クライアントっ子で男児という位置付けは未知で、次男の時も分娩までを不安で過ごしましたが、産まれてみたら、育ててみたらかわいくて仕方ありませんでした。男児は困難、とよく聞くけれど、次男は実直で意欲年中で、「母体」「母体」とたんまり甘えてくれて幸せを感じさせてくれます。
けれども2周りも男児と決定するとフェア、不安でした。1クライアントは別の性別を育ててみたい、という願望もありました。それでも、馴染みの後押しミドルの師範に「さぞかし、女児を願望をしていて、そのお願いがかなってしまったら、もしや産まれたお子さんばかりをかわいがってしまうかもしれない。必ずや、そうならないために、長男をかわいがり続けることができるために、同じように2クライアントを愛せるようにおんなじ性別だったのかもしれないよ。」と言われました。
そうね、およそ何か意味がある筈。ごめんね、長男君。師範のコメントでまだまだ、苦しみが和らぎました。ニキビ跡は、なかなか治りません

夜中に1人で考えた会社

1周囲をおめでたした状態、義理の女房から「男の人はベビーがどれだけ泣いても起きないからね」と言われ、父さんが気まずそうに笑っていたのが印象的でした。
その時はまったく産後の暮らしが想像できなかったので半信半疑で話を聞いていたのですが、お子さんが産まれて夜に何度も起こされるようになってくると、あぁあのら女房の言ってたことはホンマだったんだ、と分かってきました。
ベビーだった1周囲が幼児になって夜中に泣くことが低くなった代わりに、どんどんと寝相がひどくなってきました。
寝室をゴロゴロと移動してマットから落ちたり、障害やウォークインクローゼットに激突したり、恋人の上に乗っかったり扇動をしかけたり寝言を言ったり、と行い的夜中を過ごしているのですが、恋人はもちろん目を覚ましません。
自分はお子さんの気配がないだけで目が覚めるのに、何があってもアラームまで目が覚めない恋人が不思議です。
これが夫人とダディーのずれなのかな、とお互い目の夜泣きに付き合いながら気になり出しました。プランテルの評判は上々です

男の子二人の親になる迷い

2周囲の性別が判明しました。2周囲も上の乳幼児と同じで男児でした。自身は1第三者っ子で男児という付きは未知で、こどもの時も分娩までを不安で過ごしましたが、産まれてみたら、育ててみたらかわいくて仕方ありませんでした。男児は危険、とよく聞くけれど、こどもは実直で気持ち山盛りで、「お母さん」「お母さん」とたんまり甘えてくれて果報を感じさせてくれます。
それでも2周囲も男児と決定すると公明正大、不安でした。1第三者は別の性別を育ててみたい、という見通しもありました。それでも、馴染みの協力真ん中の教員に「およそ、マミーを見通しをしていて、その要求がかなってしまったら、ひょっとしたら産まれた乳児ばかりをかわいがってしまうかもしれない。およそ、そうならないために、長男をかわいがり続けることができるために、同じように2第三者を愛せるようにおんなじ性別だったのかもしれないよ。」と言われました。
そうね、さぞかし何か意味があるハズ。ごめんね、長男君。教員の言葉づかいでちょっぴり、ジレンマが和らぎました。キレイモで脱毛しています

清原和博実刑判決に思うこと

清原、桑田、PL学園。当時小学生だった私が、中学、高校そして今に至るまで野球を続けるきっかけになったのがKKコンビの甲子園での活躍でした。ピッチャーだった私の投球ホームは桑田投手の模倣で、バッティングホームは清原選手のマネでした。

Concept of legal studying isolated on white

プロに入っても活躍し続ける二人を見て、あこがれの選手が活躍してくれているうれしさを感じたものでした。
時は過ぎ、私も年を取り、清原も桑田も引退しましたが、二人の活躍の記録は鮮明に刻まれています。

そんな中清原和博覚せい剤で逮捕のニュース、そして実刑判決。かなりショックでした。引退後の清原については報道で知る限りあまりいい話は聞きませんでしたが、以前引退後のテレビ番組で清原VS桑田の特番を見ていろいろ噂はあってもやはり野球をやっている二人はなにか特別なものがあると思ったものでした。

実刑判決が出て清原自身も裁判において薬物の使用を「間違いありません」と認めています。かつてあれだけ輝きを放った清原だけに、現状は見ていられないものがありますが、失敗を繰り返すのか更生するのかここが彼の人生の分岐点になることでしょう。

ファンとして再び清原が更生し野球に携われるよう見届けたいと思います。