清原和博実刑判決に思うこと

清原、桑田、PL学園。当時小学生だった私が、中学、高校そして今に至るまで野球を続けるきっかけになったのがKKコンビの甲子園での活躍でした。ピッチャーだった私の投球ホームは桑田投手の模倣で、バッティングホームは清原選手のマネでした。

Concept of legal studying isolated on white

プロに入っても活躍し続ける二人を見て、あこがれの選手が活躍してくれているうれしさを感じたものでした。
時は過ぎ、私も年を取り、清原も桑田も引退しましたが、二人の活躍の記録は鮮明に刻まれています。

そんな中清原和博覚せい剤で逮捕のニュース、そして実刑判決。かなりショックでした。引退後の清原については報道で知る限りあまりいい話は聞きませんでしたが、以前引退後のテレビ番組で清原VS桑田の特番を見ていろいろ噂はあってもやはり野球をやっている二人はなにか特別なものがあると思ったものでした。

実刑判決が出て清原自身も裁判において薬物の使用を「間違いありません」と認めています。かつてあれだけ輝きを放った清原だけに、現状は見ていられないものがありますが、失敗を繰り返すのか更生するのかここが彼の人生の分岐点になることでしょう。

ファンとして再び清原が更生し野球に携われるよう見届けたいと思います。